タイのゴルフ場グルメ① おススメはパッタイ!

ゴルフパラダイスのタイですが、何といっても滞在を更に楽しくするのが、タイの食事です。
折角ですからタイ料理は是非楽しみたいですよね。ゴルファーは、まずゴルフ場のレストランで色々と試してみたら如何でしょうか。

ゴルファーにおススメなのは、なんといっても「パッタイ」です。

タイ語で『パッ』とは炒める、『タイ』はタイ王国のことです。タイ式焼きそばいったところでしょうか。
パッタイは全く辛くありません。特にクセもないので、老若男女を問わず幅広く愛されているタイ料理です。お店によってバリエーションは違いますが、材料はビーフンとエビ、エシャロット、ニラ、もやし、干しえびなど。これらを具材にして、ナンプラーやタマリンドの汁、砂糖、ライム、ピーナツなどで味付けて炒める麺料理です。

タイがシャムから現在の国名へと変わった1939年。当時の首相であるピブーン首相が国を象徴する料理として「パッタイ」と命名したとされています。

タイの人は、このパッタイにテーブルに置かれた調味料のお酢や唐辛子などをアレンジして、自分流にして食べます。ぜひ、独自の味付けにチャレンジしてみてください!

もともとは素朴な屋台料理ですが、タイ料理レストランでもメニューに取り入れるところが多く、ゴルフ場のレストランでは定番のメニューの一つです。

>>>日・タイゴルフフェスティバル公認のアンバサダーが語る食情報も公開しています。随時更新されますので、最新情報はこちらで要チェック!
03